翻訳者が教えるお気楽英語勉強法

社会人になってからって、仕事以外のことで改めて勉強するとなると結構億劫ですよね。疲れてるし、時間を改めて取るのも面倒くさいし。皆さん忙しいじゃないですか。

学生時代に学校の退屈な勉強をシコシコやるより英語が一気にぐわっと伸びた頃や、現在やっていて確実にリスニング能力が上がったと手応えを感じられる勉強法としておすすめしたいのがエンタメ勉強法です。

語学をやるなら知っておきたい語学学習の常識

まず、語学をやる前提知識として知っておきたいことをご紹介しますが、「ええい!勉強法だけ知りたいのじゃ!」って方はこのセクションは飛ばしてくださいね。

で、まず覚えておいて欲しいことは、当然ですがなんとなく英語に触れていても英語の能力は伸びません

赤ちゃんのように浴びるように聞けばOKなんて教材が巷にはたくさんありますが、真っ赤な嘘です

外国語だと勘違いしてしまう方もいますが、日本語で考えればすぐ分かるはず。

あなたは小学生の時に政治経済ニュースを聞いてすんなり理解できましたか?
今、プログラマー同士の会話や金融のプロの話を聞いて理解できますか?お医者さん並みに医療用語って分かります?無理ですよね。

英語教授法の常識からいうと、知っている単語しか聞こえないし、発音できない単語も聞こえません

赤ちゃんが言語習得できる理由は、単純に周りが犬を指さしながら「ワンワンだよ~」なんて言われ、物と言葉を一対一対応させて教わるから覚えていけるわけです。

それで徐々に語彙が増え、抽象的な思考ができるようになると抽象的語彙も分かるようになるわけですね。

大人の場合、興味を持てるものを軸にして語学をやっていくのがおすすめです。つまらない単語帳をやれとは言いません。興味あるものに触れてその上で文脈から語彙を獲得していきましょう。

息抜きできて一石二鳥なエンタメ勉強法

Anyaは十代の頃から大学卒業までは聞く音楽は海外のものがほとんどで毎週のようにCDを借りたり買ったり、洋画もビデオのレンタルペースを考えると数千本は軽く観ました。毎日帰宅後は音楽、映画、海外ドラマ漬け。

今は映画もドラマもVODサービスが山ほどあって本当最高ですよね。私の十代の頃はビデオやDVDの旧作を10本1週間1000円で一生懸命毎週借りていたというのに!

すでに利用されている方も大勢いらっしゃると思いますが、映画やドラマ、音楽が好きな方にはぜひおすすめしたいのがエンタメ英語勉強法です(勝手に命名しました)。

VODサービスや定額音楽配信サービスで息抜きしながら勉強できる!?

要は映画、ドラマ、音楽を使って英語を勉強しよう、というだけなので昔からある方法ではあります。こういう本とか昔からありますよね。でも、正直一冊みっちりやるのってキツいです。

勉強法

具体的な勉強法はというと…

音楽を使った勉強

家でもカラオケでも良いですが、好きな曲を歌詞を見ながらアーティスト本人になったつもりで歌うことです。

しかも、歌うことでストレス解消カロリー消費発音向上リスニング力アップ読む速度向上という一石五鳥のメリットがあります。歌詞は歌詞サイト(AZLyricsなど)に載っていますし「曲名 lyrics」でググればたくさん出てきます。

ラップ好きな方なんてもう歌詞覚えるの必死になると思いますが、言語って結局理解してないと先読みできないので、ある程度内容理解は必要になってくるんです。

Anyaは高校生の頃、CDについている歌詞カードの歌詞をノートに書き写してから、自分で辞書を引きながら訳し、歌詞カードで答え合わせっていうのをゴリゴリやっていた時期がありましたが、2,3ヶ月集中的にやっていたらあるとき急にふっと一気に読解力が上がった手応えがありました

この方法だと書く作業もあるため、正しいスペルを覚えるのにも良かったです。今だったらワードファイル作るのでも良いですが、スクリーンより紙の方が脳が活性化されるそうですよ。

この勉強法のメリットはつまらないテキストよりも、普段ネイティブが使う語彙やカジュアルな言い回しも覚えられます。スラングや結構お下品な表現も激しいジャンルのものだと多いかも。答え合わせは日本語訳を載せてる方のサイトがたくさんありますし、国内盤のCDをお持ちの方は訳があるのでこの辺りを参照してみると良いです。

この段階で難しい人は下にある文法の本等で一通り復習することをおすすめします。

この勉強法の短所はあまりにもクサすぎる歌詞だとやっていてやや馬鹿馬鹿しくなってくることでしょうか(笑)あと3人称単数の動詞にはsが付くっていうルールが無視されたりはあるので、「フォーマルかつ正しい英語」ではないですね。

洋楽なんて何聞けば良いか分からない!って方はSpotifyAmazonプライムのミュージック>ラジオ等でランダムに聞いてお気に入りを見つけると良いですよ。

映画・ドラマを使った勉強法

最近はビデオオンデマンド(VOD)サービスが普及し、何千、何万という作品を月額たった500~1000円で楽しめるようになりました私の十代の頃は旧作10本1週間1000円で1か月4000円もかかっていたのになあ(笑)

最近のVODがすばらしいのは人気作品なら字幕・吹き替えどちらもあるものが多いことです。これをうまく活用していきましょう。

ただ、これは台本が手元にない分、音楽よりちょっと難しいです。

なので、何度でも観たい作品、あるいは何度も観たことがあるお気に入りの作品を利用するのがおすすめ

これだと大体ストーリーもセリフも覚えていますよね◎何度も観たことあるものなら情報の海に溺れることなく、余裕を持って楽しみながら勉強も可能です

映画やドラマの英語レベルにもよりますが、レベルに応じて下のように音声と字幕を設定して動画を見るようにしましょう。

初心者向け:日本語吹き替え、英語字幕

中級者以上向け:英語音声&英語字幕

観ている間に気を付けることは、その時々で自分で優先順位を決めた上で音や英語字幕に集中しながら観ること。なんとな~く観てはダメです。

シーンの流れや字幕の制限上、いろいろ端折られていたりもするのですが、ある意味「こういう言い回しがあるのか!」と翻訳の勉強にもなります

映像翻訳者志望の方にとっては腐るほど勉強材料が転がっているということですね。Anyaは一瞬映像翻訳者を夢見たこともありましたが、映画やドラマも人気作品を手がけられるようになるまでが大変すぎるのでさっさと諦めました。

でも、『自分が翻訳するんだったら?』なんて考えながら動画を観ていると『ここはかなりはしょったけど、こういうストーリー展開だからか。巧い!』『ここでこう訳すか!なるほど』『うわ…高校生レベルの誤訳しちゃってるよ…』なんて普段ただの娯楽として観るのとは違う視点で観られて学びも多いです。

特に聞き取り込みで勉強するのにおすすめは、鉄板ですが、Friendsでしょう。最絶頂期は5人のギャラは1人1話で円換算で1億円以上だったそうですが、今見てもなかなかこれを超えるコメディないですからね。キャラ設定もキャスティングも脚本も本当に素晴らしいです。

この勉強法は、VODじゃなくてもDVDを持っている方も使える方法ですので、お手持ちのDVDやBlu-rayディスクでお試しください。
オーシャンズ11のようなジョージ・クルーニーやブラピみたいなハスキーボイスのぼそぼそな喋り方のキャラが多く出るものや、シリアスなドラマや映画だと聞き取り難易度が一気にアップしがちです。最初はコメディ調のものなど軽いタッチのものが聞き取りやすくておすすめ

おすすめVODサイト

VODサイト、色々あるしメジャーなサイトは全部利用しましたが結局VODに出る作品は8割方は決まっていて、独占配信されているものの割合って少ないです。その中でも現在は各社差別化しようと結構必死です。

音楽も映画もその他特典山盛りのAmazonビデオ

最安最強だとやはりAmazonプライムです。年会費3,900円(税込)なので月にすると400円未満

普通に物買うときも送料無料特典日時指定特典もあるし、プライムセールを狙うとルンバも最安で買えますし(後で知ったときはめちゃめちゃ後悔しました…)、Kindleもかなり安く買えます。

さらにはAmazon Musicもあるし、対象地域なら1,2時間以内に宅配してもらえるPrime Nowも便利です。欠点としては、Amazonビデオはなんとなくなんですけどサイトが使いづらいなというのが個人的感想。途中まで観たビデオがトップに出てこないんですよね…。でも、Amazonでしか観られない映画やドラマも最近はかなり増えたので他のVODと併用しても良いと思います。

無料期間が30日あるので1ヶ月使い倒してみてください。ちなみに、本入会して3900円引き落とされても、特典利用していなければ返金対象、その後途中で退会しても一部返金されることもあります

HBOドラマが観たいならHuluで決まり!

VODサービスも500~1000円まで色々ありますが、個人的に最強なのがHuluです。何と言っても、HBO社のドラマ独占であるのが素晴らしい!

もう映像は古いけど今見ても面白いと思える大ヒット作ならSex and The City、今ならGame of Thronesが見られます。

他にも、TBSがやっているサービスなのでTBS系のテレビ番組が盛りだくさんです。

個人的にサイトのインターフェースが一番使いやすいので一番好きです。昨年だったか利用しない時期は一時請求停止できるアカウントホールド機能がなくなったのが残念で再開希望しています(動画観まくってると観るものが数か月なくなるのでとても良かったのです)。

お試しは14日間無料です。

HBOはアメリカではケーブルテレビなのでおっぱいも斬首シーンも躊躇なく出てきますので、その辺苦手な方はドラマの年齢表記要チェックです。

安さピカイチなdTV

ドコモがやっているのがdTVですが、これドコモ利用者じゃなくても登録すれば使えます。Anyaはウォーキング・デッドの最新話独占配信だった頃に入っていたことがありますが、割と他のVODと動画の重複は多い印象。

月額540円となんといっても安いので、VODサービス初めてだけどとりあえず使ってみよ~!という場合にはおすすめです。

お試しは31日間無料です

オリジナル作品が光るNetflix

オリジナル作品が最高なNetflix。本国ではスーパーヒーローで有名なMarvel系作品が勢揃いしています。

Anyaは女子刑務所ドラマOrange is the New Blackが大好き。どのキャラも個性的で、結構平等に全員が主人公でそれぞれにドラマがあるんですよね。

他にも、フジテレビ系の過去のドラマアーカイブや、オリジナルのドキュメンタリー作品も充実しています。

世界の名だたるシェフに興味があればChef’s Tableは最高!

こちらは画質や同時視聴可能デバイスの数によって値段が違います。

ベーシックプラン:標準画質(SD)/同時視聴1ストリーミング/月額650円(税抜)
スタンダードプラン:高画質(HD)/同時視聴2ストリーミング/月額950円(税抜)
プレミアムプラン:超高画質(UHD 4K)/同時視聴4ストリーミング/月額 1450円(税抜)

といった感じでAnya家では夫がスタンダードで契約してますが、これで十分です。

<番外編>TED

VODではないですが、今では有名になったTED。英語はネイティブレベルである夫が結構前に教えてくれました。

さまざまな分野の専門家が観衆に向けて分かりやすくプレゼンテーションを行うのですが、2006年からそれがネット上で公開されています。

これが勉強にもなる内容で実に面白いです。ドラマや映画に興味ない方も楽しめるはず!プレゼンも皆さんとても上手なので、海外出張でプレゼンをする機会がある方にも勉強の素材としておすすめ

動画によりますが、各国語字幕が大抵ついていますし、ちょっと休憩時に見るだけでも楽しい動画もあってとてもおすすめです。

ブレネー・ブラウンは本も面白いですが、

TED動画も再生回数2000万回を超えています。これなんかは英語字幕の方が理解しやすかったですね。

下の動画は相当バカバカしいけど面白いです(笑)

おまけ―初級から英語をやり直したい場合には…

英語を文法までまるっきり忘れた場合は、大人の場合正攻法でやった方が早いです。いきなり英会話とか申し込んでも語彙力がなければアウトプット自体無理なので、効果が薄いです。

コスパ最強のNHK

語学本のCDいちいち引っ張り出したりするのって面倒くさいですよね。

1からやり直すならNHKラジオの基礎英語がおすすめです。これだと中学レベルですが、もちろんビジネスレベルのものや英語で読む村上春樹なんていう講座まで、昔と比べてかなり幅広い講座が揃えられています。

テキストも月500円足らずCDを買っても2000円未満。この価格で過不足ない勉強ができるのってNHKくらいしかありません。

4月または9月からと新講座が始まる時期は決まっているのでその点だけ要注意。余裕があるならCDを買うのもいいですが、そこそこできるのであればいつ始めても大丈夫です。

ラジオを聞く機器を持っていなくても、NHKのらじる★らじるというサイトでライブでラジオを聞くこともできますし、NHKゴガクというサイトではラジオ語学講座がすべて過去1週間分のアーカイブを聞けるようになっているので、聞き逃しても安心です。

NHK受信料払ってるのにテレビ観ないし恩恵受けてないんですけど!というなら、語学講座を使い倒しちゃいましょー!将来的には、過去の番組やラジオのアーカイブは受信料払ってる人だけ限定でいいので全公開して欲しいものですね。

英語で英語文法を学ぶならマーフィー

これ、語学留学した方なんかには有名ですね。大学によっても今は使われていますが、マーフィーの語学書は最強です。中学英語レベルが分かるレベルからで大丈夫。

これ、日本の英語教育では教わらないような細かい助動詞のニュアンスも例文等で的確に理解できるのが素晴らしいです。

英語が分からないのに英語で英語を勉強するなんて無茶な!とお思いでしょうか?でも海外に語学留学に行くと0から始める初級クラスでも、現地言語で教わるのがスタンダード。Anyaも非英語圏でそういうクラスに通ったことがありますが、この方が感覚的に理解できるので良いです。日本語でぐちゃぐちゃ思考せずに言語運用できるようになれるのが一番の利点。

自分は英語できるし!って思ってる方でも超基礎的な文法事項に目から鱗な部分が盛りだくさん

どうしても、英語で全部書かれてるのは抵抗がある方には下の翻訳版もありますが、なるべく原著の方が良いとは思います。

最後に

英語の勉強法は無数にありますが、息抜きも兼ねてエンタメ動画等を楽しみながら勉強もできたら最高ですよね?!

Anyaは、実は仕事をしながら単純作業段階のときドラマを流しています。もちろん、集中してしまうと内容がまったく把握できずに数話戻って観返していることもしばしばですが(笑)

今では平均的な日本人より英語ができて語彙もありますが、仕事を通じて語彙力をアップしつつ、ドラマや映画を常時ガンガン流し、休憩時には英語字幕や日本語の吹替え翻訳等から新たな表現を発見したりと小さな一歩を積み重ねていくだけでも、「あ、リスニングしやすくなってる!」と感じられるときがあるので、継続効果を実感します。

勉強というのは嫌々やっていた方も多いかもしれませんが、楽しみながらやれればそれが最強です学問に王道なし、というのも真理ですが好きこそものの上手なれというのも真理です。

自分が楽しいと思うことにからめてやっていくのが、社会人の勉強の継続には肝心ですから気楽に、でも続けられる形で進めていきましょう!