自営業ならまずこれだけは加入しておきたい付加年金とは?

先日この記事で個人型確定拠出年金(iDeco)の拠出スタートしたことを書きましたが、実はそれ以前にやっておくべきだった付加年金を申し込んできました!正しくは年金の付加保険料ですね。

付加保険料とは?

フリーランスをはじめとする自営業の方は皆さん国民年金の第1号被保険者だと思いますが、第1号被保険者は普段の保険料に付加保険料月400円を上乗せすることで、受給する年金額を増やせます

付加年金の恐るべきメリット

付加年金を支払うと、受給できる年金の額は「200円×付加保険料納付月数」の分だけ増えるので、たった2年で元が取れます

例えば、20年間付加保険料を納めていた場合…

200円×240ヶ月=48,000円が年額に上乗せされます。

これ、支払った額は96,000円なので、2年間受け取ってしまうとあとは丸儲けというわけですね。

iDecoや共済、NISAも良いですが、月たった400円で年間5000円足らずなので余裕のない自営業の方もこれだけはまず入っておくと良いと思います

付加保険料の注意事項

お得な付加保険料ですが、注意事項もいくつかあります。

  • 物価スライドがなく増額分は完全定額なので、インフレリスクに弱い
  • 減免制度を利用している人は利用できない
  • 国民年金基金との併用不可(確定拠出年金はOK)

申し込み方法は?

役所の年金窓口で付加年金を申し込みしたい旨を伝えるだけでOK

持っていく物は年金手帳と印鑑があればその場でちょちょっと書類を書いて出すだけでした。

ちなみにAnyaは印鑑を持っていくのを忘れたのですが、ダメ元で最寄りのコンビニに行ったらなんと印鑑売ってました(笑)役所の近場だけあってよく需要を分かっていらっしゃる!店長ナイスすぎます!!しかも500円ほどとられるかと思っていたら120円ほどだったので驚きました。
※珍しい名字の方は印鑑は忘れないようにしましょう。

支払開始月は申し込みした月の分から納付開始で、しばらくすると振込用紙が届くので振り込むのみなので手続きはとっても簡単です!

役所は時間帯によってかなり混み具合も違い、時間をとられがちですが、最近は行きたいスポットをググるとどの曜日のどの時間帯に人が多いか分かるようになっているので、事前に調べておくとある程度時間の節約にもなるのでお忙しい方はこの裏技を使ってみてくださいね。

まとめ

今回は付加年金について取り上げてみました。

会社員と比べて年金が少なくなりがちな自営業の場合、資産形成について会社員よりシビアにならざるを得ませんよね。

とはいえ、今の生活が最優先ですし、ひたすら貯金ばかりするのも難しいはず。付加年金のようなちょっとした制度を利用するだけで得することもできますし、将来の生活に大きく影響してくるのでこのような制度はどんどん利用していきましょう!