フリーランス=ノマド?

数年前やたらと持て囃された「ノマド」という言葉。定義としては以下のようなもの。

ノマド(nomad)は、英語で「遊牧民」の意味。近年、IT機器を駆使してオフィスだけでなく様々な場所で仕事をする新しいワークスタイルを指す言葉として定着した。このような働き方をノマドワーキング、こうした働き方をする人をノマドワーカーなどと呼ぶ。

なぜかよく誤解されてるんですが…翻訳者は案外厳しいです

好きな場所で仕事ができる条件

出典:http://www.planettrekker.info/

ノマドワーカーで想像するのが、ドヤ顔でMac Book AirとiPhoneいじって、コーヒー好きには決して好かれないスタバにしょっちゅう行って仕事してる人ですよね。

本気ノマド、やっている友人はいます。ヨーロッパの友人ですが、フリーランスプログラマーで受託ベースでアプリを作っています。彼は以前はダブリンやベルリンで会社員としてプログラマーをやっていました。

この2都市はいずれもスタートアップ企業がかなり多く、若者にとって人気なエリア。今は昔ほどの勢いはないですけどね。アイルランドにはFacebookの本部もあったり、Appleがちょっと前までダブルアイリッシュ&ダッチサンドイッチ(Double Irish With a Dutch Sandwich)でタックスヘイブンとして利用してましたね。

その友人ですが、数か月前からタイでぶらぶらしてます。1年くらいはタイにいて、周辺の国にも遊びに行くつもりだとか。彼曰く本当にノートパソコンだけで仕事できるんだそうな。プログラマーやライターならこういうライフスタイルも可能なんでしょうね。あとプロブロガーもイケそう。

基本的には、IT機器だけでできる仕事っていうのが必須条件なので、結構限られてきますね。あと、結婚してて相手に理解されなかったり、子どもいる人も基本無理です。

翻訳者にノマドは可能か?

彼とは対照的にAnyaのような翻訳者はどうでしょうか。

確かに、翻訳関係のソフトウェアとか辞書ソフトウェアとかは一通りパソコンに入れられますが、ノートパソコンは最近多い薄型だとメモリ増設できなかったりするので厳しいかもしれません。A4サイズは重くて辛い!それに調べ物しながらの作業なのでディスプレイは2つ欲しいです。

Anyaは腰痛持ちだし長時間座るので椅子もちゃんとしたのじゃないと、すぐ痛くなります。

やってるのは技術系の翻訳なので、プライベートの本も含めますが専門書やら紙でしか出てない辞書やら何やらで本棚2コ分の本があります。適宜必要なくなったら売ってますよ。それでもこれです。ノマドするとなると全部自炊するしかないですね。電子資料って保存はしてるけど、気付くと存在を忘れているので個人的には避けたい…。

あ、そうそう、レーザープリンタもないとね。

ずらっとハード面のみの装備を一覧にするとこの記事にある通り。

って、うん、翻訳者にはノマドは無理ですね!

そもそも機密保持結ぶような性質の文書なんで外であまり大っぴらに作業やるのもちょっと怖いです。

そもそも「ノマド」は仕事にプラスになるのか

外でやるというか、単なる非日常で仕事したいんなら別荘作るのが一番良いと思います。こういう感じの町がいいなあ(これはローザンヌに近いフランスのAnnecy)。

おい、ふざけんなよ?!とか思われそうですが。ちゃんと仕事やるんならそれなりの装備が必要になってきますし、別荘作るくらいでやらないと翻訳はちょっときついなと個人的には思っています。

皆さん、そもそも、旅しながら仕事って本当にそんなに優雅だと思います?ちょっと非日常味わってたら生産性上がったりしますか?

ブロガーだとネタも増えて良いかもしれませんが、クライアントありきの仕事だといつ仕事の連絡が来るか分からないのでしょっちゅうメールチェックして落ち着かないこともあり、旅をしてもイマイチ楽しめないと思います。翻訳者って人によっては数十分以内に返信するのが普通って分野もありますし。

海外ノマドって基本的に一人であることが想定されていると思いますが、結婚してたり子どもがいたら基本的に無理ではないですか?パートナーが同じようなノマド可能なフリーランスでない限りは、キャリアチェンジ要求するか養うしかないですね。それとも一生パートナーなしで暮らせと?(笑)ワーホリビサも35歳が限度ですしね。

旅が中途半端にしか楽しめないくらいなら、ちゃんと頑張って稼いで普通に長期休暇取るのが一番ではありませんか?それにIT機器使う以上は通信環境は安定していることが条件なので、国内外いずれもエリアによっては厳しいですしね。

 

旅でなくてオレは単にたまに家や会社以外のカフェで仕事したいんだ!って方で、

「うぉぉォォォ!!仕事が捗って仕方がねェ!」

って状態になれるのであれば、ぜひ。どんどんやってください。

Anyaも実は独立当初やろうとしたことはありました。でも、普段使わないノートパソコンに必要な情報をインポートして…パソコンをケースに入れて準備して…ってやってるだけで面倒くさくてすぐやめました。準備する時間が無駄に思えてしまって。

やっぱ家で音楽か動画流して仕事するのが一番。

結論としては、個々人の好みはあると思いますが、一番仕事が捗る環境で仕事をきっちりやって、きっちり休む。これが一番です。

最後に、おすすめの作業BGMどうぞ。