さらなる家事短縮のためにブラーバを購入しました

先日この記事にも書きましたが、モップバケツが壊れたのをきっかけにブラーバを購入しました。我が家のフローリング、凸凹があるせいで本当汚れが取れにくいんですよね…。時々漂白剤や超強力洗剤をまいてブラシでゴシゴシやったりしてますが、本当に疲れますし、毎日なんてやってられません。ポリッシャー買うことも一時期は考えていました(笑)

さて、ブラーバは現在371j、380j、ジェットが出ていますね。今回は購入にあたって違いを調べてみました。

まず、ブラーバ(Braava)って?

ルンバを販売しているiRobot社から出ているモッピングロボット。要は雑巾がけをやってくれます。

フローリングメインのお宅ではルンバはほとんど使わなくなりましたって方もいます。ルンバと一番違うのは静音性ですね。赤ちゃんが寝てる間や夜間でも稼働できるのはポイント高し。

ルンバと違って不便なのは、充電スタンドまでは戻らず自動で充電ができないのでやや手間がかかるところです。放っておくと充電切れちゃうかもしれないですが、クロスを交換すると思うので基本的には心配なし。

ブラーバ371j&380j

いわゆる300シリーズ。空拭き・水拭きはどちらも可能。専用クロスを使わずともクイックルワイパーで代用可能とのことです。

ルンバより安いのに優れているところは、NorthStar(北極星)という付属品がありこれにより部屋の形状認識をするので効率よく拭き掃除を行ってくれるというところ。…ルンバは高いモデルだけなのに。

で、機能的にはこの2つには差はありませんが、380jには急速充電スタンドがついています。急速充電により4時間かかる充電時間が2時間なります。

ただし、付属品の数に差があって、380jはドライクロス1枚、ウェットクロス1枚なのに対して、371jはドライクロス2枚、ウェットクロス4枚で倍以上ついています。

クロスの差額分は千数百円ってところでしょうか。公式定価では380jが税抜き39000円、371jが税抜き37000円。Amazonだとほとんど価格差がないので特別安いところで買わないのであればお得なのは380jだと思います。

380jについては、下の公式サイトから送料込み5000円で15日間お試しができるので高いけど迷っている方はレンタルサービスの利用をおすすめします!

ブラーバジェット

300シリーズとは違い、水を前面から噴き出しながら拭き掃除を行っていきます(もちろん乾拭きモードもあります)。一番安くて3万円きっています。

こちらはNorthStar不要で部屋の形状認識をしてくれるのは賢いですね。

こちらの方が300シリーズよりも小さめなので小回りは効きそうです。それに水を出す分結構汚れを落とす力は強そう。

ただ、我が家には絨毯がありますが、一部レビューで段差認識が甘く絨毯がびしょびしょに…というものがあり、そういうエラーがあったら怖いのでやめておきました。

欠点としては300シリーズは水拭きが最大20畳までですが、ジェットは最大15畳までという点ですね。リビング広い方や複数の部屋に雑巾がけやって欲しい方だと厳しいかも?

ブラーバを安く購入する方法

公式サイトにアウトレットページがあるのですが、今回(2017年3月)は371jが送料込みで税込31320円と破格だったのでそちらから購入しました。

急速充電スタンドはあれば便利かもしれませんが、充電が切れて2時間後また稼働させたいケースがあまり想像できなかったです。
替えのクロスも多いし安いんだったら371jで十分かなと。

ルンバはアウトレットよりも他の店舗で買う方が安かったりするのですが、時々タイムセールをやっているところを除けばブラーバに関しては公式アウトレットが最安です。その時々で値段も変わるかもしれませんが、公式サイトのアウトレットページは覗く度に商品変わってますし結構安くなってるので欲しい商品が出るまでちょくちょくチェックするのもおすすめです。

3万円って高いかもしれませんが、ルンバを買ってからというもの掃除の義務感から解放されるこの快適さを思えば安いものです。

我が家では夫に「もっと掃除して」という私の小言が減りました(笑)男性陣諸君!奥様の誕生日プレゼントにもルンバかブラーバ、おすすめです