在宅仕事=楽って思ってません?

知人
Anyaちゃんってお仕事何やってるの?
Anya
家で翻訳の仕事をしてるよ。
知人
そうなんだ!格好良い!家で仕事ってお客さんに会ったりしないの?
Anya
基本的にはメールやネット上でデータをやりとりしてるから特別な用事がなければ出かける必要はないよ。
知人
へー!いいな。時間も全部自由だし楽だよね~

ちょっと待った!!!

よくこんな風に言われますが、在宅(SOHO)だったら楽なんでしょうか?

会社員から考えるメリットというと
・時間を自由に使える
・通勤がない
という2つが大きいと思います。

この2つは在宅なら本当に当てはまるでしょうか?

在宅仕事は時間を自由に使える?

はい、確かに使えますよ。条件付きで。

条件① 独身である、あるいは子どもがいないこと
条件② クライアントとのミーティングなど出かける用事が必要ない職種であること

番外編:仕事がない(笑)

Anyaは在宅翻訳者でネット上のやりとりでほぼ100%が完結するので、たまにイベントに参加したり挨拶に伺ったり、稀にお仕事開始前に面接必須のところ以外では確かに出かける必要はありません。

確かに、朝は会社員の人が出かける頃に起きてますし、眠くて死にそうだったら数時間昼寝することもあります。

昼間いつでも薬局やスーパーに行けるし、銀行や役所の手続にも困らないし、散歩できるし、好きなときに休みにして市街地に買い物に行ったり、週末は予約しづらいレストランに平日一人で食べに行ったこともあります。専業主婦をやってる友人とも平日に会おうと思えば会えます。

こんな具合に、休みをいつ取るかは自分で選べますでも、実際のところ、平日に遊んでるのなんて月1日あるかどうか。長期休暇は別として基本的には夫の休み=週末一緒に休んでます。

デメリットも結構あります。

時間を自由に使えることの代償

自営業の哀しいところは、健康保険料を払っていても会社員じゃないので傷病手当も育休手当も出ないですし、失業手当も有給もないので、何か起こって働けないときはその分だけ売上0になります

きちんと頑張れば会社員より収入は上がりやすいですが、自分が動かないと売上がないので休暇も好きなだけとれるとはいえ1ヶ月とったら1ヶ月無収入です。

納期破りなんてしようものなら一発で取引先失うので、もちろん病気なんてしていられません。会社員みたいに休んだからって誰も代わってくれないので…。

あとはクライアントにはなるべく負担をかけたくないので、メールをすぐ返信しようと思ったら、平日に出かけてるときでもメール来てるか結構気になります。結局1日仕事のことを考えてるような状態になりがちです。Anyaは仕事好きなので別に苦痛ではないですけど。

例えば、月何百万PVのサイトを運営していたり、物販でうまく外注を使うなどすればやりようがあると思いますが、翻訳者は哀しいかな、どうやっても下請けなことが多いです。それに機密契約等もあるから外注なんてできません。文章って癖があるから外注しても一発で分かっちゃいますしね。

在宅仕事に関する周囲の勘違い

他のデメリットというと、家族や周りに在宅=時間が自由=楽と思われてしまいがちなことです。毎月の売り上げ数万円とかパートレベルだったら楽でしょうけど、平均的な会社員以上に売り上げのある人は基本的に全然楽ではないと思います。これって会社員も結局一緒ですよね。

仕事の質に関しては勤務形態って関係ないはずなのに、なぜか家にいるだけで楽にできると思われている節があります。

昨今のW○lqみたいに他人のサイトパクってちょっといじった記事量産するようなサイト作るサイト運営をするんだったらそりゃ楽でしょうけど、語学だけで翻訳はできませんし、一生勉強してないと無理です。完全に労働収入だから、不動産投資みたいにはいきません。

だらだら仕事して会社のお荷物になっている会社員の方っていますけど、私からすればあんな姿勢で仕事していて月数十万もらえるんだからそっちの方がよほど気楽でいいなあなんて思います。

それに自営業はお役所にも差別されていて、子どもがいても保育園入園のための点数がフルタイム会社員の点数よりも10点減らされるので、保育園不足の地域に住んで子どもを産むと悲惨なことに…

在宅仕事は通勤がない?

もちろん。当然ながら、「在宅」仕事なんでありません。極寒期や台風大雨の日はサイコーです。

注意点としては、すさまじい運動不足になりますし、気分の切り替えが難しいです。

Anyaの家から最寄り駅までは5分ほどですが、以前会社員だったころは乗り換え含めて合計30分くらいは強制的に歩く時間があったのにそれがなくなったので、フリーランスになって半年くらいで数キロじわじわと太りました。ジムに行く回数を増やしたら戻りましたが意識的に運動しないと維持できないのは中々面倒です。

Anyaからすれば、電車通勤って勉強したり読書できるし、オンオフの切替えのタイミングにできるので、超満員路線じゃなければ別に電車通勤自体は悪いものでもないなと思いますよ!

あ、稼いでいて家だと切り替えができないからオフィスを借りている方もいらっしゃいます。この場合は通勤アリですね。

まとめ

Anya
よく思われがちな在宅仕事のメリット、事実は事実ですが、メリットとデメリットは表裏一体です。

自由には責任が伴うなんて言いますけど、これがはっきりしているのが自営業です。Anyaは気に入っていますが、人によっては結構苦痛かもしれません。

安易に自営業を人にすすめることはありませんが、覚悟とやる気、自信がある方にならおすすめです。元々仕事大好きならむしろ楽しいですよ。